プロフィール

リスメイン

Author:リスメイン
Rappelz (ラペルズ)
サーバー:Carbuncle
メインキャラ:リスメイン(ウォリアー)
鞄鯖にて活動してます?

ドラゴンクエストⅩ
メインキャラ:リスメイン(せんし)


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


Copyright (C) 2007 NFLAVOR.corp. All Rights Reserved.
Copyright (C) GALA.Inc. All Rights Reserved.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この3連休、一日くらいは休めるかな~っと思ってたのですが、
仕事のトラブル続きで、結局全部出勤に・・・

おまけにラペではPTで些細なミスを連発し、
一時間が苦痛になること数度・・・


なんかうまくいかんね・・・^^;


そんな週末は何気に暖かく、時間見つけては
冬の間放置しまくりの各水槽をいじってました。

放置しまくりだけあって、うぱ子水槽は水草が大繁茂・・・
久しぶりに間引きして、ビオへ放り込み^-^


小型魚水槽も水草はもちろんウィローモスが大繁殖して、ヒーターを内部に取り込んでたりと大変でしたが、
これも間引きしてオスカー水槽へ放り込み・・・
合わせてフィルター本体の掃除もしましたが、
・・・・・・コケとれねぇ><

結局、中途半端で各水槽は断念しましたが、
もうちょい暖かくなったらいろいろやりたいの~



スポンサーサイト
今日はめっちゃ寒いです;;
夜中には氷点下5℃を下回ってた模様で、昼に撮ったビオにも氷が分厚く張ってます。

bio0002.jpg

この写真を撮って気付いたこと。
ラペを再開してからほとんど更新してねぇ><

ってことでこれまで放置し続けてた各種生体について、数度に分けてまとめてご報告!

まず、↑の写真のビオですが、先週確認した限り、ピンポンパール1匹が健在でした。
水草関係はホテイアオイが枯れた為、すっかり寂しくなってますが、その他の水草は規模縮小ながらも健在っぽいです。
ちなみにピンポンの他、タエビと後述の生体を入れてもいますが、その生存は確認出来ていません^^;

3月くらいには、新たなビオを設置しようと思いますが、さて生体はどうしようかな?



upa047.jpg
うぱ子は相変わらず元気です。

これまた10月以来更新ありませんでしたが、速度は鈍ったものの、じわじわと成長は続けています。
12月末で約24cm
1月半ばで25cmに到達するかしてないくらいですの。

upa048.jpg
体型はすっかりメタボ・・・


秋以降、念願のタエビが釣具屋に出回るようになり、
生餌を与えられるようになりました^^

30~40gを購入しても、1週間程度で全滅するので、
その後2週間ほどは配合飼料を数日毎にって感じです。

同居のアカヒレと金魚は相変わらず健在です。
ただ、一部気性が荒く、うぱ子のエラ齧るアカヒレだけは別水槽へ強制連行しました^^;
ちなみに冬もヒーターは入れないので、本日の水温は9℃でしたが、アカヒレ、金魚共凍死はしていません。
ただ、コケ取り能力に期待した石巻貝だけは導入してもなかなか生き残りません。
数度に分けて計15匹ほど入れたのですが、生き残りは3匹くらい・・・
ヒーター入れてる水槽と生存率に格段の差が有る為、やはり水温が原因なんだろうね・・・


さて、先日タエビと一緒に面白そうな餌が売ってたので、併せて購入してきました^-^

upa049.jpg
わかるかな?

うぱ子の餌のつもりでしたが、意外と大きく、また動きも素早い為餌にはなりそうにありませんでした^^;

正解はこちら
upa050.jpg
どじょうですの~

餌になりえなくなった時点で数が多すぎた為、各種水槽とビオへ移籍しております。
それでもうぱ子水槽には10匹程度が生存している模様。

水質も安定してきており、
あまり環境の変化無いため、次の更新もいつになるかわかりませんが、皆元気ですよ^^
先日紹介した小型熱帯魚水槽、
当初の画像しか無かったので、現状は知らないと思いますが、
小さい中にたくさんの魚をぶち込んでいる為か、やたら水が汚れます><;

コケも酷いし、コケ取り用に導入した連中も、餌しか食わねーw

おまけにどうしても追加したい魚があるんだけど、
ここまで過密状態だといくらなんでもだめぽ・・・

・・・ってことで、

s002.jpg

Mr.MAXで安売してた40センチ水槽へ移住させました。

同時に頼んでたヒーターも届き、これで一安心^^;
冷え込んだ日は17℃くらいになってたからの><;
よくどいつも☆にならなかったものだ@@;


ちなみに水槽内の生物内訳は・・・

・ミックスプラティ(赤青黄):3匹
・ネオンドワーフグラミー:ペア(2匹)
・ゴールデンバルブ:3匹
・コリドラス(青):5匹→4匹
・アルジイーター:2匹→1匹
・石巻貝:3匹
・ヤマトヌマエビ:5匹→1匹
・タエビ:10匹→3匹
・モエビ(タエビに混入してた@@):2匹

いざ羅列すると結構いるなぁ。

エビは飛び出しが有ったり、導入当初の高水温で激減してますが、
魚に関しては比較的頑丈そうなのを選んでいるのか、思ったよりは☆になるのは少ないね。

s003.jpg

以前に比べ、結構空間出来たので、例の魚の購入に踏み切りそうですが、
実際、新しい水槽でも、この現状数は若干オーバー気味なのよね・・・

さて、どうすっぺか・・・
昨日、仕事の電話中、急いで書類をめくっていた時、
紙の端に指が当たり、切れました;w;

思わず、

「いてぇぇぇぇぇ!!」

っと電話に向って叫び、驚いた電話相手に説明してお騒がせしたことをお詫びしました。


そして今日、書類整理中、
昨日と全く同じ箇所を紙で切りました;w;

同じ切り口が二つ並ぶのを見るのは変な気分。
おまけに指とはいえ手の甲側だし・・・
普通怪我するなら手のひら側の気がするんだけどね~

しばらく紙の取り扱いが怖ろしいです;w;



さーてー
s001.jpg
もう1ヶ月以上経ちますが、余ってた小型水槽を再セットしました^^

入れてるのは比較的大人しい小型熱帯魚だけです。
ちょくちょく増やして小型魚だけですが10匹入れてますが、
ほとんど☆になることも無く、維持出来てますね~
それにしても汚れ方がちと激しいかも。
玄関に置いているので、日の光が多少当るせいか、コケがね・・・

あと、ヒーターを用意してなかったので、
この寒さに慌てて購入><;
20℃を切るとさすがに寒そうだの><;


b001.jpg
同時にボトルアクアも始めてみました。

これ育ったら中身取り出せそうに無い気がする・・・
9/17での記事で、うぱ水槽の白濁を話題にしていました。

その後のうぱ子関係の記事は途絶え、死亡説、から揚げ説@@まで流れていた様ですが、
一応9月末までには解消してます。
今日はそれまでの経緯をつらつらと・・・


当初(9/17)
upa043.jpg
やっぱ酷いの><;

実際は8月末頃から餌を与えると水が白濁したりしてました。
しばらくするとまた透明に落ち着くので、あまり気にしてませんでした。
常時白濁となったのは9/10日過ぎからだったと思います。
白濁なんて話は結構聞くので、これまた放置。
うぱ子の様子を見て、やっぱ明らかにおかしいんじゃね?と感じたのが17日ってこと。
白濁し始めた直後からも水替えの頻度は上げましたが、変化は無し。

心当たりは有り過ぎで、その内でどれがうちのケースに当てはまるのかと
理由をあちこちで調べてみると、バクテリアの異常発生などが原因っぽいです。

7月末に水槽立ち上げ後、
本来の空運転→パイロットフィッシュ投入って流れを一切無視して、
翌日にはうぱ子投入となったことにより、
きちんとした順序でバクテリアを水槽内に根付かせることが出来なかったということと、
食事の与えすぎなんかが原因かな~っと・・・

アンモニア、亜硝酸、硝酸などの試験紙なども持ってないので、詳細はわかりませんが、
かなりバランス悪かったのだろうと思います。

とりあえずは餌をしばらく抜き、
水に良さそうな水質安定液を投入します・・・・・・


2日目(9/18)
upa042.jpg
仕事先から先に帰宅した嫁の話では、
身動きひとつせず水面に浮いてたということで、死んだのかと思った@@;とのこと。

明かりを点けると自力で潜水していきます。
途中で水草に引っ掛かると写真の様な感じです。

upa044.jpg
水槽全体図。
一見17日に比べ透明度増したように見えますが、これはライトを1灯のみ点灯しているため(9/17は二灯)

当然一日で劇的な変化はありません。


その後も毎日帰宅後に見てみると、相変わらず水面に漂ううぱ子の姿ばかりで、
水面に漂うことになる原因としては、
水面へ呼吸に上がった際に、通常は沈下してくるのを放棄するような感じで漂流し始めてます。
この時期のお気に入りはフィルターからの流れ込みの真下。

これって明らかに酸素不足@@?

ただ、金魚は水面でパクパクせずに普通に活動しているので、
なかなかそう思いませんでしたが、一方で石巻貝が次々と変死を遂げます。
病気になった個体はうぱ子含めていない様なので、やっぱ酸素不足なんかね~?

そこで、24日に投げ込みフィルターを追加投入します。
同時にビオから浄化能力の高いらしいホテイ草を移植します。

数日は変化無かったのですが、27日に一気に急変。
upa045.jpg
あれ??

見た目すっかりと透明に・・・

ただ、この状態になっても餌を与えると以前と同様に白濁してましたが、
10月に入ると、餌与えても白濁しないようになりました。

upa046.jpg
この白濁期間に若干エラサイズは縮小した様な気もしますが、
今ではすっかりと元のふっさふさに戻っています。

昨日は数ヶ月ぶりの釣具店直送のタエビを与えると、
手当たり次第に食べまくり、お腹はちとヤバイだろ@@;;って状況でした^-^

次回更新はいつだろう?

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。